71%
  38%
  71

桜蔭中学校

時代に適応した学習と道徳の指導を行い、建学の精神である「礼と学び」の心を養い、品性と学識を備えた人間形成をする。

文京区本郷1-5-25 水道橋駅5


 
小学校に入学したらすぐに塾通い?! 中学入試の準備を早めることの危険性とは(ベネッセ 教育情報サイト)
 11
「小学校に入ったらすぐに塾に通わせたほうがよいのでしょうか」。そんなお悩みを持つ保護者のかたもいらっしゃいます。しかし、中学受験の準備を早めれば早めるほど、子どもがそれ以外の遊びに費やす時間が減ってしまうもの……。では、いったい、どのくらいから準備をスタートしたらよいのでしょう?
ガミガミ言わなくても勉強する子に育てる! 家庭教育講座「かおりメソッド」を開講しているママプロジェクトJapan代表の岩田かおりさんは、小学校4年生までは偏差値以外の軸で子どもを見守ることが大事だと語ります。その背景とともに伺いました。 
早慶・ICUや医学部にも続々、大学合格速報…目黒日大
 11
目黒日本大学中学校・高等学校(東京都目黒区)は、大学合格速報をホームページに掲載しています。系列の日大のほか、早大・慶大や国際基督教大などの難関私大、医学部にも続々合格しています。 
伝統校を左右する手腕、新校長人事で見る首都圏「中高一貫校」の将来
 1
校長交代の影響は傍で見るよりも大きい。新しい校長がどのように学校の現場をリードしていくかで、学校の内実は大きく変わっていく。前々回は主に付属校、前回はミッションスクールについても触れた。3回目となる今回は、伝統校を中心に取り上げる。生き残りを図る女子校、公立中高一貫校の設立が相次ぐ埼玉県と中学受験ブームが訪れた茨城県の様子についても見ていこう。 
中学受験がコロナで10年ぶりに激化!今後の受験対策は「低年齢化」加速か
 2
『週刊ダイヤモンド』4月24日号の第1特集は、「最強の中高一貫校 小学校・幼児教育」です。新年度に入り、中学受験を目指す新小学6年生たちの戦いが本格化しています。コロナ禍で揺れた2021年入試では、受験塾関係者の多くが前年よりも受験者数の減少を予想していました。ところが、首都圏の受験者数は前年を超え、受験率は09年に次ぐ過去2番目の高さ。東京都の受験率は10年ぶりに30%を突破しました。片や、関西の塾関係者は、この首都圏の中学受験ブームが「22年入試では西にも波及する」と予想します。 
医師になりたい「附属校から医学部への内部進学」という奥の手(幻冬舎ゴールドオンライン)
 5
近年、医学部志願者が急増している。その要因として、医師という職業に対する安定志向の高まり、私大医学部の学費値下げ(東京女子医科大学など、現時点では数校値上がりしている大学がある)などがあげられる。これによって、従来からの医師家庭や富裕層にサラリーマン家庭が続々参戦。全国の82医学部入試が難易度が上昇している。では、どうすれば難関の医学部を突破できるのか。わが子の育て方、接し方から入試対策までを明らかにする。 
東京女子御三家「桜蔭」の東大合格者数が増えた理由(ダイヤモンド・オンライン)
 7
日本の女子中高一貫校の中でも、突出した位置にいるのが桜蔭だろう。かつては「桜のカーテン」といわれるほどその内情はメディアには語られず、OGの口から漏れる断片をつなぎ合わせて推測するしかすべはなかった。来る創立100周年に向け、東館建替も始まる。東京大学に日本一進学する女子校に、森上展安・森上教育研究所代表が初めて足を踏み入れた。 
中学受験対策に総額いくらかかった?塾選びのポイントとは?(ファイナンシャルフィールド)
 8
東京都教育委員会の調べでは(※1)、令和2年3月の東京都の公立小学校卒業者は 9万6868 人。うち私立中学校への進学者は 1万7859 人で進学率は 18.4%となりました。平成26年度の16.4%から毎年私立中学校への進学率は上がっており、中学受験のための学習塾に通う子も多いようです。 
コンサルのワーママが考案!PDCAで成功する中学受験
 9
いまの中学受験で求められる学力は、親世代のころと比べて格段に上がっています。当時の最難関校で出されていた超難問は、いまや標準レベル。時間のない働くワーママたちは、子どもと一緒に中学受験をどう乗り越えたら良いか、不安も多いかと思います。『働くママの成功する中学受験』(世界文化社刊)の著者・清水久三子さんも仕事柄、出張が多く、つきっきりで勉強をみることはできませんでした。その代わり、仕事の専門である人材育成のノウハウを活用して、子どもが自律的に勉強できるようになるためのサポートをし、娘を難関女子校合格へ導きました。フルタイム勤務・共働き世帯でも大丈夫、どの家庭にも応用可能な「仕事と受験サポート」両立メソッドとは?同書より一部を紹介します。 
「宿題」より「ゲーム」を優先する子に“説教”は効果なし! 理性的な行動をとらせる“唯一の方法”とは(文春オンライン)
 9
子どもを叱ってイヤな気分になる。子育てをしていてたびたび訪れる瞬間だと思います。生徒を指導していても叱らなければいけない場面はたくさんあります。最初から完璧な行動ができる子などいません。悪いところを指摘して、改善を促さなければいけないときは必ずあります。しかし、子どもを叱ることで相手も自分もイヤな気分になるのは、できれば減らしたいもの。特に残念なのは、同じ理由で何度も叱らなければいけないときです。 
お得な中高一貫校総合ランキング【東海・その他地域33校】入りやすいのに名門大に進学
 12
偏差値は低くて入りやすいのに、大学受験に強い、レバレッジの利く中高一貫校はどこか?そんな“掘り出し物”を見つけるべく、独自ランキングを作成した。特集『最強の中高一貫校&小学校・幼児教育』(全18回)の#12では、東海地方を中心に、名門大学に強い中高一貫校のレバレッジ度ランキングを掲載する。 
埼玉県川口市、市内初の中高一貫校が開校
 12
埼玉県川口市で8日、市内初の公立中高一貫校となる川口市立高校付属中学校の開校式が行われた。奥ノ木信夫市長は「6年間の計画的、継続的な教育課程を展開することで、一人ひとりの個性や創造性を大きく伸ばすことを期待している」と祝辞を述べた。

開校式には、選考を経て入学した市内在住の1年生80人やその保護者らが参加した。付属中学校は少人数授業や外国人講師による英語授業が特徴で、英語でグローバルな課題を学習する独自科目なども設けた。入学選考の倍率は約7倍に上り注目を集めていた。 
「医学部に強い」中高一貫校ランキング!国公立大or私大×難関中高一貫校or中堅の4パターン【延べ424校】
 13
「高収入」「高ステータス」「安定」のイメージで高い人気を誇る医学部。国公立では、ほぼ東大理系並みの難易度の大学も少なくない。その医学部合格者数の上位校には、中高一貫校がずらりと並び、毎年の常連校も多い。特集『最強の中高一貫校&小学校・幼児教育』(全18回)の#10では、医学部に強い中高一貫校ランキング、そして常連校で行われている専門講座の気になる中身を大公開する。 
中学受験塾の選び方、わが子と塾の「相性」も大事!【有名塾の最新難関中学合格者ランキング付き】
 13
ちょっとした規模の駅でも、駅前に軒を連ねる中学受験塾の看板を目にすることが少なくないはず。張り出された御三家や新御三家の合格者数に、わが子の将来を重ねがちだ。だが、合格者数の多寡だけで塾を選んだ結果、わが子と塾の性格が合わなければ後悔することも。特集『最強の中高一貫校&小学校・幼児教育』(全18回)の#11では、有名塾の最新合格者ランキングと共に、子どもに合った東西の塾の探し方を伝授する。 
「旧7帝大&一橋・東工大」を目指せるのに入りやすい中高一貫校ランキング【全45校】
 15
偏差値は低くて入りやすいのに、大学受験に強い、レバレッジの利く中高一貫校はどこか?そんな“掘り出し物”を見つけるべく、独自ランキングを作成した。特集『最強の中高一貫校&小学校・幼児教育』(全18回)の#3では、東大・京大をはじめとする難関国立大学にとりわけ強い中高一貫校のレバレッジ度ランキングを掲載する。 
早慶なら「普通の子」でも合格できる理由、早慶中学の合格請負人の塾長に聞く
 15
近年、中学受験において、早慶のみならずGMARCHクラスの付属校人気が高まっている。特集『最強の中高一貫校&小学校・幼児教育』(全18回)の#4では、「付属校受験には専門の対策が必要」と言う早慶GMARCHに多数合格者を輩出している塾の塾長、野田英夫氏に、「普通の子でも、早慶などの大学付属校なら合格できる」理由を聞いた。 
「早慶&上智・理科大」を目指せるのに入りやすい中高一貫校ランキング【全99校】
 15
偏差値は低くて入りやすいのに、大学受験に強い、レバレッジの利く中高一貫校はどこか?そんな“掘り出し物”を見つけるべく、独自ランキングを作成した。特集『最強の中高一貫校&小学校・幼児教育』(全18回)の#5では、早慶をはじめとする最難関私立大学にとりわけ強い中高一貫校のレバレッジ度ランキングを掲載する。 
最強「中高一貫校」の選び方&合格法、ランキングと最新情報で10年ぶりの激戦に勝つ!
 16
新年度に入り、中学受験を目指す新小学6年生たちの戦いが本格化した。コロナ禍で揺れた2021年入試では、受験塾関係者の多くが前年よりも受験者数の減少を予想していた。だが、ふたを開けてみれば、首都圏(1都3県)の受験者数は6万1700人(日能研データ)と前年から増え、受験率は09年に次ぐ過去2番目の高さ。東京都の受験率は10年ぶりに30%を突破した。一方、西の中学受験の中心地、関西の塾関係者は「首都圏の中学受験ブーム」が22年入試では西にも波及するだろうと読む。コロナ禍の影響で、学校選びが格段に難しさを増す中、後悔しない中高一貫校はどこなのか――。中学受験以上に過熱する小学校受験や、時代の変化に負けない子どもに育てるための幼児教育法を含めて、4月5日(月)から4月11日(日)までの全18回の連載『最強の中高一貫校&小学校・幼児教育』にまとめた。 
お得な中高一貫校総合ランキング【首都圏175校】入りやすいのに名門大に進学
 16
偏差値では入りやすいのに、大学受験に強い、レバレッジが利く中高一貫校はどこか?そんな“掘り出し物”を見つけるべく、独自ランキングを作成した。特集『最強の中高一貫校&小学校・幼児教育』(全18回)の#2では、首都圏175校の総合ランキングを掲載する。 
【中学受験】「進学校」に受かりやすい子「大学付属校」に受かりやすい子
 19
近年、中学受験では「大学付属校」人気が高まり、激戦となっています。2021年入試でも、大学付属校の難化傾向が目立ちました。そんな中で「早慶GMARCH」「関関同立」をはじめとする、人気の「付属中学」の合格を勝ち取るにはどうすればいいのでしょうか?
「御三家をはじめとする進学校と同じ対策をしていてはダメ」というのは、「中学受験 大学付属校合格バイブル」の著者で、早慶をはじめとする大学付属校専門の中学受験塾を経営されている野田英夫氏。実は大学付属校の入試問題には、基本的な問題が多く進学校のような難問が少ないので、付属校に特化した対策をすれば偏差値が足りていない子でも逆転合格がかないやすいのです。
発売即重版となった本書から、知られざる付属校受験の実態や、合格のためのノウハウの一部をお伝えしていきます。 
「金融と社会」テーマ、銀行協会が中2オンライン講座…日大二
 19
 日本大学第二中学校・高等学校(東京都杉並区)は2月19日、全国銀行協会から講師を招き、「金融のしくみと社会の関わり―銀行の活動から―」をテーマに、中学2年生向けのオンライン講座を催しました。中2生は総合学習で銀行の仕事について学んでいます。